連載

フォーカス

テレビや映画、アニメなど旬のタレントの横顔を、出演作とともに紹介します。

連載一覧

フォーカス

中村メイコ 「ラジオで語る昭和の文化」パーソナリティー 素顔引き出す“極み”

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
収録に臨む中村メイコ(手前右)。手前左はゲストで演歌歌手の石川さゆり。TBSラジオでは22日に放送される=東京都港区で
収録に臨む中村メイコ(手前右)。手前左はゲストで演歌歌手の石川さゆり。TBSラジオでは22日に放送される=東京都港区で

「ラジオで語る昭和の文化」パーソナリティー(TBSラジオ=日曜午後11時など)

 「私ね、ラジオほど好きな仕事はないんですよ。出演のお話を頂いて、すごくうれしかった」。TBSラジオが制作する「ラジオで語る昭和の文化」(放送局で放送日時は異なる)は今春、始まった。子役時代からテレビに、映画に幅広く活躍してきたベテランが、そこまでラジオを愛する理由とは? 「ラジオは人間以外のものにもなれるでしょ。画面に顔が出ると、楊貴妃みたいな役はできなくても、ラジオならできると思っているのね」。過去にはくらげやトンボの役も務めたと笑う。

 昭和、平成の記憶をトークや音楽で振り返る番組。歌手や俳優のほか、若い作家などまで幅広い分野のゲストが集う。心がけるのは「その方の持つ、演じていない部分、素顔の部分を伝えること」。もちろん本番前に一通りの準備はするが、「対談って、あまり打ち合わせをしないほうが面白いんですよね」とも。現場での感覚を大切にしたいという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文862文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集