メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミニシアターから

女性指揮者の先駆 挑戦心の実話、名曲とともに テアトル梅田 スタッフ・坂口樹さん(23)

「レディ・マエストロ」の一場面 提供:テアトル梅田 ⒸShooting Star Filmcompany-2018

 20日から上映する、ふくだももこ監督「おいしい家族」は、悪人が一人もいない、不思議な感じの幸せな作品。個性的なキャストと、おいしそうな食事のシーンなどからカラフルな色彩を感じます。

 結婚も仕事もうまくいかない橙花(とうか)(松本穂香)が母の三回忌で島に帰ると、父(板尾創路)が母の服を着ていました。居候の親子(浜野謙太、モトーラ世理奈)もいて、父は「今日から母さんになろうと思う」と言います。橙花は東京での疲れもあって大爆発。でも周りは、父を受け入れます。そんな家族と一緒においしいものを食べているうちに、冷めていた橙花の心が温まっていきます。

 一見、接点がなさそうな人たちが輪になって、普通にご飯を食べる。人のつながりっていいなと思います。こ…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  3. 神奈川県庁サーバーに使用のハードディスク転売 納税記録など流出

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです