メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

納沙布岬沖・漁船転覆 「無事に帰ってきて」 大樹漁協、対応追われ /北海道

第65慶栄丸=大樹漁協提供

 北海道根室市の納沙布岬沖で17日、8人が乗ったサンマ漁船「第65慶栄丸」の連絡が途絶え、慶栄丸と見られる転覆した船が見つかった事故で、周辺の漁船が捜索を続けたほか、所属する大樹漁協は電話対応などに追われ、「早く見つかってほしい」と乗組員の安否を気遣った。今年はサンマ不漁で従来より沖に遠征していたといい、漁協関係者は「昔なら日帰りの距離だったが、沖合に出てシケに遭ったのか」と話した。【鈴木斉、源馬のぞみ、高橋由衣、山下智恵】

 第1管区海上保安本部は同日夜、海上自衛隊に海上捜索のための災害救助を要請した。

この記事は有料記事です。

残り463文字(全文717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです