メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県畜産試験場の汚染牧草 住民説明なく場内処理 知事謝罪「配慮に欠けた」 /宮城

周辺住民への事前説明なしに汚染牧草のすき込みをしたことについて謝罪する村井嘉浩知事=宮城県庁で

 県畜産試験場(大崎市)が、東京電力福島第1原発事故で生じた放射性物質に汚染された牧草を住民への説明なしに場内で処理していたことが分かった。国の基準値(1キロあたり8000ベクレル)を下回っていたものの、村井嘉浩知事は17日の定例記者会見で「周辺住民に説明のないまま(処理を)行ったことは配慮に欠けていた」と謝罪。今後、地下水や周辺の線量などのモニタリング調査を外部委託する方針を示した。【遠藤大志】

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです