メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ2例目 県、封じ込めに全力 畜産農家ら「ワクチン接種を」 /埼玉

2例目の豚コレラ感染が確認された養豚場に向かうため、バスに乗り込む県職員ら=埼玉県小鹿野町の旧長若中学校で

 小鹿野町の養豚場で17日、県内2例目となる豚コレラの感染が確認された。県は感染の拡大防止に向けて殺処分などの防疫作業に追われた。大野元裕知事は感染の封じ込めに引き続き全力を注ぐ意向を示したが、県内の畜産関係者からは早期のワクチン接種を求める声が強まっている。【畠山嵩、山越峰一郎、松山彦蔵】

 県によると、13日に秩父市の養豚場で豚コレラ感染を確認した後、小鹿野町の養豚場側から「発育不良の豚が心配だ」と相談があり、16日に現地を調査。起立不能など豚コレラ特有の症状があり、9頭で感染が確認された。1例目の養豚場と同じ山梨県の食肉処理場を利用していた。

 県は17日午後5時過ぎから1118頭の殺処分を始め、18日朝までに終える見通し。今後、防疫作業を進…

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

  5. ORICON NEWS これ、許諾大丈夫? 宮川大助師匠が出演する異色のコラボ動画が話題、キレキレのパロディダンスも披露

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです