メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときドキ!さいたま~ず

武田涼花さん VRカメラで大自然満喫 /埼玉

「キャニオンウォーク」で右手にVRカメラを持ち、自身と風景を映像に収める武田涼花さん(カメラの「自撮り棒」のような部分は映り込まない)=本人提供

 最近、VR(バーチャルリアリティー)キャスターという異名が付きまして。秩父の特集をVRでお届けする機会がありました。

 絶景の荒川渓谷に今年オープンしたアクティビティー施設「秩父ジオグラビティパーク」に行き、VRカメラを手に、まずは全長100メートルのつり橋を渡る「キャニオンウォーク」を体感しました。VRカメラはスマートフォンのように前と後ろにレンズが1個ずつ付いていて、魚眼レンズなので上下左右360度全てが映ります。自撮りのように棒の先にVRカメラを付けると、これまでは見られなかった映像を撮ることができます。

 命綱を付けて谷底近くまで真っ逆さまに50メートル落ち、その後ブランコのように揺れる「キャニオンスイ…

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1284文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです