メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音と生きてきた

/7 製作9年目、完成まだ先 好きな物を好きに、幸せ パイプオルガン職人 内間寅男さん(68) /岐阜

内間寅男さん=可児市塩の自宅で2019年7月11日15時7分、横田伸治撮影

 「音速÷周波数=波長」と張り紙がされた作業場には、猫2匹と本人のみ。パイプの口径が記された表や断面図を頼りに木材を切り、黙々と製作に打ち込む。「趣味で作っているだけ」とはにかむ可児市の内間寅男さん(68)は、全国でも約20人しかいないパイプオルガンの職人だ。【横田伸治】

 「パイプオルガンは管楽器なんです」。内間さんはそう表現する。ピアノのような鍵盤楽器のイメージだったが、作業場に置かれたパイプに息を吹き込むと、フルートのような温かい音色が響いた。

 通常は合金から成るパイプも、内間さんの場合、木だけで作るのが特徴だ。40代半ばで仕事の傍ら楽器製作…

この記事は有料記事です。

残り878文字(全文1154文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです