メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沼津駅鉄道高架 「残る用地取得不可欠」 県議会で知事が裁決申請表明 /静岡

裁決申請を表明した川勝平太知事(手前)=静岡県議会で

 川勝平太知事は17日に開会した県議会9月定例会本会議で、JR沼津駅周辺鉄道高架事業の前提として必要な貨物駅移転先の用地の所有権取得や明け渡しを求める県収用委員会への裁決申請について、「沼津市長の決断を尊重し、市と共同で裁決申請する」と表明した。

 知事は議案説明の中で「私が知事に就任した当時は、事業が全く動かない、いわゆるデッドロック状態だった。私自らも現場に赴き、JR貨物とも直接折衝するなど、地権者や関係者と意見を交わしてきた」と説明。「地元の理解が得られるように努めてきたことに加え、頼重秀一・沼津市長らの努力により、用地取得率は94%を超えるま…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです