メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本一の瓦職人、山本清一さん遺作並ぶ 寺に合わせ、表情さまざま 奈良 /奈良

□山本清一さんが手掛けた薬師寺の瓦=奈良市の奈良公園バスターミナルで、大川泰弘撮影

 各地の伝統建築の修理や再建で瓦を手掛け、「日本一の瓦職人」と呼ばれた生駒市の山本清一さん(昨年12月に86歳で死去)の作品展が奈良市の奈良公園バスターミナルで開催されている。23日まで。興福寺中金堂、薬師寺、東大寺大仏殿、唐招提寺金堂、平城宮跡大極殿の鬼瓦や軒丸瓦が並び、観光客らの注目を集めていた。観覧無料。

 鬼瓦もそれぞれに表情が異なる。興福寺中金堂の瓦は写実的で少し怖く、東大寺大仏殿の瓦は抽象化されスマ…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  3. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  4. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです