メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/117 学び続ける教師/上 意欲旺盛、休職し大学院へ /四国

 グローバル化や情報化、少子高齢化など社会の急激な変化に伴って、高度化、そして複雑化する諸課題への対応に、現場教師は苦慮しています。決して万能ではない教師に、ある時には万能を求め、過度な要求の中、教師は疲弊しています。望ましい教育環境にあるとは言い難い現状ですが、それでも、教師の資質向上を求める声は大きくなっているのです。では、どうしたらいいのでしょうか。

 子どもたちにとって、21世紀を生き抜くための力を育成することが必須条件です。そこで、これからの学校は、基礎的・基本的な知識・技能の習得に加え、思考力・判断力・表現力等の育成や学習意欲の向上、多様な人間関係を結んでいく力や習慣の形成等を重視する必要があります。こうした力は、単に押し付けても育成できません。さまざまな言語活動や協働的な学習活動等を通じて効果的に育まれていくのですが、教師の中にある知識…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  3. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです