メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国家安保局に経済部署、政府検討 米中覇権争い念頭 外交と一体化推進

 政府は外交・安全保障政策の中核を担う国家安全保障局(NSS)に、戦略的な経済政策の立案や関連情報の分析などを担う部署を新設する検討を始めた。米中の貿易摩擦など近年の経済覇権争いは各国の安全保障と密接に関わり、日本も外交・安保と経済政策を一体的に推進する体制を整える必要があると判断した。首相官邸主導で「経済重視外交」を進める狙いがあるとみられる。【堀和彦、青木純】

 NSSは2014年、政府の外交・安全保障の司令塔、国家安全保障会議(NSC、議長・安倍晋三首相)を…

この記事は有料記事です。

残り669文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです