メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ施設攻撃 イラン発ミサイルか 米報道 フーシ声明と矛盾

 サウジアラビアの石油施設に対する攻撃について、米CNNは17日、米国とサウジ政府による調査で、攻撃がイラン国内の基地から発射されたミサイルなどによって行われた可能性が極めて高いことが判明したと報じた。トランプ米大統領は「イランによるものとみられる」としていたが、イランは関与を強く否定。米政府が正式にイランの関与を断定すれば、中東情勢の緊張がさらに高まることは不可避だ。

 CNNは調査関係筋の話として、低空飛行する巡航ミサイルなどがイラン・イラク国境近くにあるイランの基地から発射されたと報道。ミサイルはイラクとクウェートの上空を飛行し、標的になったサウジ東部アブカイクなどの石油施設を爆撃した。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文601文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです