メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本車の追加関税回避 日米首脳会談で文書

 日米貿易交渉の大枠合意を受けて、両国首脳が今月下旬に予定する協定署名に際し、米通商拡大法232条に基づく日本車への追加関税の回避を盛り込んだ文書を作成することが17日明らかになった。両首脳による共同声明に盛り込むことを検討している。

 茂木敏充外相は同日の記者会見で「(貿易協議の)仕上がりの段階で232条は課さないということを改めて確認する。何らかの文書を考える」と語った。日米は今月下旬、米ニューヨークで開催する国連総会に合わせた首脳会談の際に協定に署名する見通しだ。

 トランプ米大統領は自動車輸入を安全保障上の脅威と位置付け、232条による最大25%の追加関税を検討。日米両政府は昨年9月の首脳会談で貿易交渉入りを決めた際に、交渉期間中は追加関税を課さないことで一致していた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 石破茂氏、「苦い顔」がますます苦く “ポスト安倍”の最有力者、どう見ているの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです