メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

復興庁存続へ

 政府は2021年3月末に設置期限を迎える復興庁について、存続させる方針だ。年末までに存続期間などを定めた基本方針をまとめ、来年の通常国会に関連法案を提出する。内閣府防災担当と統合し内閣府の外局とする案も一時は浮上したが、岩手、宮城、福島の3県の被災地を重視した。復興庁はどうあるべきか、改めて考えた。

この記事は有料記事です。

残り4397文字(全文4548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです