メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日本 南アに敗れ、準決勝進出ならず
論点

復興庁存続へ

 政府は2021年3月末に設置期限を迎える復興庁について、存続させる方針だ。年末までに存続期間などを定めた基本方針をまとめ、来年の通常国会に関連法案を提出する。内閣府防災担当と統合し内閣府の外局とする案も一時は浮上したが、岩手、宮城、福島の3県の被災地を重視した。復興庁はどうあるべきか、改めて考えた。

この記事は有料記事です。

残り4397文字(全文4548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです