メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ラグビーW杯日本大会に寄せて 学ぼう、国籍超える多様性=大谷津統一(東京運動部)

ラグビーW杯日本大会に臨むリーチ・マイケル主将(中央)ら日本代表の選手たち。さまざまな国の出身者が並ぶ=東京都港区で2019年7月4日、根岸基弘撮影

 ◆大谷津統一(おおやつ・もとかず)

 4年に1度のラグビー・ワールドカップ(W杯)が20日、アジア初開催となる日本で開幕する。1987年の第1回大会から9大会連続出場の日本は、初の決勝トーナメント進出が目標だ。屈強な体の選手たちがぶつかり合う迫力、驚異的な速さでトライを奪う爽快感、豪快なタックルで相手を倒す勇気――。世界最高峰のラグビーは、ルールをよく知らない人も楽しめるだろう。こうした理屈抜きの魅力に加え、大会成功の鍵を握るのは、国籍を超えて一つのチームでプレーする姿を通して多様性を学ぶことや、日本が培ったラグビー文化を世界へ発信することだと思う。

この記事は有料記事です。

残り1795文字(全文2073文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  3. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  4. 桜を見る会関連支払い「不足」 市民団体、公選法違反容疑で首相告発へ

  5. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです