メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

不買運動の実態 ソウル支局・渋江千春

 日本では終戦記念日とされる8月15日は、韓国では日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」だ。当日は毎年、式典や集会が開かれるが、今年はその日が過ぎた後も、街で「日本」の文字をよく目にした。

 日本政府が韓国に対する輸出規制を強化したことに反発し、日本製品の不買運動や日本への旅行自粛を求める動きが広がったからだ。自宅近所のバーには「日本の酒を販売しません」との張り紙が登場。ソウル市庁近くのラーメン屋の前には「現地の味と技術を…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです