メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

デジタル技術の成長貢献=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 デジタル時代の到来を目の当たりにして、先進国産業界は一気に企業価値拡大と経済の成長を加速させようと意気込んできた。しかし、実際の経済の成長率はあまり高まっていない。

 現に、人口の増減要因を除いた1人当たり労働生産性の伸びをみると、日米欧の先進国ではほぼ1%内外で変化がない。しかも、デジタル化などのイノベーションによる生産性の向上分はほとんど観察されない。この理由は現在、さまざまに分析されているが、企業経営の現場からその理由を探ると、デジタル技術の企業経営面への活用法に問題があったように思われる。

 すなわち、これまでの企業戦略で目立ったのは、デジタル技術でもって人間(労働力)を置き換え、省力化効…

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文718文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 2番組が広告放送の疑い BPO審議入り

  3. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです