メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

台湾総統選、一騎打ち 鴻海・郭台銘前会長、出馬見送り

郭台銘氏=ロイター

 台湾総統選(来年1月)は17日、無所属候補の登録締め切り日を迎え、郭台銘・鴻海(ホンハイ)精密工業前会長(68)は立候補を見送った。柯文哲・台北市長(60)も不出馬を表明しており、これで与党・民進党の蔡英文総統(63)と、最大野党・国民党の韓国瑜・高雄市長(62)による事実上の一騎打ちの構図となった。台湾海峡の覇権を巡り米国と中国は火花を散らしており、総統選の結果はアジア太平洋を巡る米中の戦略にも大きく影響する。

 蔡氏は内政の混乱もあり支持率低迷に苦しんできたが、6月に本格化した香港のデモが台湾有権者の中国に対する反発を急激に強めてきた。台湾では「今日の香港は、明日の台湾」との危機感が広がり、中国に対抗して民主主義の価値観を強調する蔡氏の支持率が上昇している。

 また、蔡氏は後ろ盾である米国の支援に活路を見いだす。トランプ米政権にとっては民進党、国民党のいずれが政権を担っても中国に対抗する上で台湾は戦略的に重要だ。だが国民党は近年、急激に中国との関係強化を進める。中国と貿易戦争などで激しく対立する米国にとっては、民進党政権が継続する方が望ましい構図となっている。

この記事は有料記事です。

残り1952文字(全文2440文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. ORICON NEWS 『TGC』初の“無観客”で開幕 ランウェイトップバッターは中条あやみ

  3. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  4. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  5. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです