メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

賢い選択

ポリファーマシー/4止 入院時、減薬へ対策チーム

 有害症状が効果を上回る多剤服用の患者は薬を減らすべきだが、患者の自己判断で減らすには危険が伴う。ポリファーマシー(多剤処方)を改善するにはどうすればいいか。確かな医療を紹介するシリーズ「賢い選択」のポリファーマシー編最終回は、医師や薬剤師らによる先進的な取り組みを紹介する。

 ●中止後の経過観察

 「今は血圧に問題がないので、降圧剤を中止してもいいかもしれませんね」

 地域医療の拠点である橋本市民病院(和歌山県橋本市)の一室。青木達也医師ら4人は、患者のカルテを前に…

この記事は有料記事です。

残り1210文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです