メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

公衆トイレの環境整備 高齢男性のニーズに対応を=白十字訪問介護ステーション統括所長・秋山正子

私の社会保障論

 このところ、道の駅や、高速道路のサービスエリアの人気が上昇していると聞く。働き方改革で、休みが増えてちょっとした旅行を企てる若い家族が増えたのか、働きづめだった前期高齢者(65歳以上75歳未満)がリタイア後に出掛けることが増えたのか、インバウンドで海外からの旅行者が増えたのか。いずれにせよ自然豊かな郊外をめざす人々が増えていることは、歓迎すべきことと受け止める。

 これらの休憩スポットには地元の農業・漁業の生産者による特産品が並び、地域活性化にもつながると、人気…

この記事は有料記事です。

残り892文字(全文1132文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです