メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所 隠岐の海と明生、2敗目

志摩ノ海(左)を寄り切りで降した朝乃山=東京・両国国技館で2019年9月17日、梅村直承撮影

10日目(17日・両国国技館)

 1敗力士がそろって敗れた。隠岐の海は佐田の海に寄り倒され、明生は新入幕・剣翔の上手投げに屈した。

 両関脇は2敗を守った。10勝以上での大関復帰を目指す貴景勝は、正代を立ち合いから圧倒して押し倒し。御嶽海は玉鷲を土俵際のはたき込みで降した。平幕の朝乃山も志摩ノ海を寄り切り、勝ち越しを決めた。

 角番の大関陣は、豪栄道が小結・阿炎に押し出され4敗に後退。栃ノ心は千代大龍を寄り切り、星を五分に戻…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1350文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 破産手続き開始の大沼が記者会見「お客様、関係者におわび」 全店舗で営業停止

  4. 老舗「大沼」破産、山形経済に打撃 代表「暖冬で冬物売れず背筋寒く」

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです