メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯2019

「全試合満員可能」 組織委・御手洗会長ら会見

ラグビーW杯開幕を前に記者会見し、笑顔で並ぶワールドラグビーのビル・ボーモント会長(左から3人目)、御手洗冨士夫ラグビーW杯2019組織委員会会長(同4人目)ら=長谷川直亮撮影

 <20日開幕>

 ラグビーW杯日本大会の公式記者会見が17日、東京都内で開かれ、国際統括団体ワールドラグビー(WR)のビル・ボーモント会長や大会組織委員会の御手洗冨士夫会長らが出席した。販売予定のチケット180万枚のうち164万枚が販売済みで、御手洗会長は「大変順調。全48試合を満員にする目標は実現可能な勢いだ」と語った。

 アジア初開催となる日本大会について、ボーモント会長は「(開催都市でファンが集う)ファンゾーンの入場者数も記録的になるかもしれない。世界のラグビーの普及に資する大会になる」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 埼玉県も休業要請へ 慎重姿勢転換 大野知事「首都圏一体で対応」

  4. 新型コロナ予防しようと…BCGワクチン接種ミス 成人に“絶対禁止”の皮下注射

  5. 緊急事態 警察「宣言出ていますよ」呼びかけ止まり 外出だけで職質はできず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです