メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サンマ漁船が転覆 8人安否不明 北海道・納沙布岬沖

北海道根室市の納沙布岬の東約610キロの太平洋で発見された第65慶栄丸とみられる船=第1管区海上保安本部提供

 17日午前11時半ごろ、北海道大樹町の大樹漁協所属のサンマ漁船「第65慶栄丸」(29トン)が、納沙布(のさっぷ)岬(根室市)の東約640キロ付近の太平洋で連絡が取れなくなったと、根室海上保安部に通報があった。捜索していた海保の航空機が午後2時40分ごろ、納沙布岬の東約610キロの海域で慶栄丸とみられる船が転覆しているのを発見したが、敬礼寿広船長(52)ら乗組員8人の安否は不明。

 第1管区海上保安本部(小樽市)によると、8人は根室市などいずれも道内在住。船が発見された付近は風速…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

  2. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  5. 社説 「桜を見る会」首相答弁 予算委での説明が不可欠

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです