サンマ漁船が転覆 8人安否不明 北海道・納沙布岬沖

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道根室市の納沙布岬の東約610キロの太平洋で発見された第65慶栄丸とみられる船=第1管区海上保安本部提供
北海道根室市の納沙布岬の東約610キロの太平洋で発見された第65慶栄丸とみられる船=第1管区海上保安本部提供

 17日午前11時半ごろ、北海道大樹町の大樹漁協所属のサンマ漁船「第65慶栄丸」(29トン)が、納沙布(のさっぷ)岬(根室市)の東約640キロ付近の太平洋で連絡が取れなくなったと、根室海上保安部に通報があった。捜索していた海保の航空機が午後2時40分ごろ、納沙布岬の東約610キロの海域で慶栄丸とみられる船が転覆しているのを発見したが、敬礼寿広船長(52)ら乗組員8人の安否は不明。

 第1管区海上保安本部(小樽市)によると、8人は根室市などいずれも道内在住。船が発見された付近は風速12メートル、波の高さ4メートルで、救命ボートや乗組員は見つかっていない。17日朝、別のサンマ漁船が慶栄丸から「横波が強い。海水が入ってきた」との交信を受けた後、応答がなくなったため、海保に通報した。慶栄丸は12日朝に根室市の花咲港を出港。大樹漁協によると、不漁のため通常よりも沖に出て操業していた。

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文514文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集