メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画興行成績

三谷幸喜監督「記憶にございません!」が初登場首位 「人間失格」は4位発進(MANTAN WEB)

映画「記憶にございません!」のビジュアル (C)2019 フジテレビ 東宝

[PR]

 9月17日に発表された9月14、15日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、劇作、演出など多方面で活躍する三谷幸喜さんの監督最新作「記憶にございません!」が初登場で首位を獲得した。土日2日間で約35万7000人を動員し、興行収入は約4億5800万円を記録。13日の公開初日から16日までの4日間の累計では、動員で約64万6000人、興行収入で約8億1900万円をあげるヒットスタートとなった。50代以上を中心に幅広い層を集客している。

 初登場作品では、俳優の小栗旬さんが太宰治を演じる「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督)が、土日2日間で動員約12万3000人、興行収入約1億6900万円を記録し、4位にランクイン。13日の公開初日から16日までの4日間の累計では、動員約24万1000人、興行収入約3億2600万円を上げている。ほかにも、2017年公開の「僕のワンダフル・ライフ」の続編「僕のワンダフル・ジャーニー」(ゲイル・マンキューソ監督)が7位スタートを切った。

 累計では、前回1位スタートを切り今回2位となった「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~」(河合勇人監督)が、動員89万人、興行収入11億円を突破。公開9週目で今回3位の劇場版アニメ「天気の子」(新海誠監督)は、動員で955万人、興行収入で127億円を突破し、「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」を抜いて、歴代興行収入ランキング18位となっている。

 ほかにも、5位の「ライオン・キング」(ジョン・ファブロー監督)は動員441万人、興行収入62億円、6位の「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」(瑠東東一郎監督)は動員150万人、興行収入20億円、劇場版アニメ「劇場版 ONE PIECE STAMPEDE(スタンピード)」(大塚隆史監督)は動員397万人、興行収入52億円にそれぞれ達している。

 1位 記憶にございません!

 2位 かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~

 3位 天気の子

 4位 人間失格 太宰治と3人の女たち

 5位 ライオン・キング

 6位 劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~

 7位 僕のワンダフル・ジャーニー

 8位 ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -

 9位 劇場版 ONE PIECE STAMPEDE

 10位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

情報提供:MANTAN WEB

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです