メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

BLACK LAGOON

1年ぶり連載再開 スピンオフ「掃除屋ソーヤー」も

「BLACK LAGOON」が連載を再開した「サンデーGX」10月号

[PR]

 広江礼威さんの人気マンガ「BLACK LAGOON(ブラック・ラグーン)」が、9月19日発売の連載誌「サンデーGX(ジェネックス)」(小学館)10月号で約1年ぶりに連載を再開した。2018年8月18日発売の同誌9月号で「単行本作業のためしばらく休載します。なる早で戻ってきます!!」と発表していた。

 「サンデーGX」10月号には、「BLACK LAGOON」の公式スピンオフ「掃除屋ソーヤー 解体! ゴアゴア娘」も掲載。同誌10、11、12月号の3号連続で付録「ブラック・ラグーン アクリルスタンド」が付く。

 「ブラック・ラグーン」は、タイの架空の犯罪都市・ロアナプラの裏社会を舞台に、日本の商社に勤める青年・岡島緑郎(ろくろう)が、南シナ海で違法な運び屋・ラグーン商会に入り、過酷な裏社会を生き抜いていく……というストーリー。2001年に読み切りが掲載された後、2002年に「サンデーGX」で連載が始まった。「この世界の片隅に」で知られる片渕須直監督が手がけたテレビアニメも2006年に放送され、人気となった。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです