メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマゾンが独自の宅配ロッカーサービス開始 再配達急増で負担軽減へ

宅配ロッカーの前に並ぶアマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長(右から3番目)と提携企業の社長ら=東京都目黒区のアマゾンジャパン本社で9月18日午前11時10分、鳴海崇撮影

 アマゾンジャパンは18日、コンビニエンスストアや駅などに宅配ロッカーを設置し、顧客に商品を届けるサービスを始めた。年内には首都圏のファミリーマートや小田急電鉄の主要駅など約100カ所に置き、2020年以降は全国に順次広げていく計画。インターネット通販の拡大とともに再配達が急増しており、ロッカーの利用普及で物流現場の負担を軽減したい考えだ。

 アマゾンが展開するのは「アマゾン ハブ ロッカー」。東京都や神奈川県を中心に、ファミマやスーパーの富士シティオ(横浜市)の店舗、小田急電鉄沿線で利用客が多い駅、昭和女子大(東京都世田谷区)などに設ける。アマゾンは米国で18年に宅配ロッカーを本格導入しており、日本でもノウハウを生かす。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見えたー! ペルセウス座流星群がピーク迎える 天の川と「競演」

  2. ポスト安倍に挙がる3人の「外相」 首相の座は誰に 個性それぞれ

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 独自大会初戦負け 加藤学園・肥沼、初心回帰「なめた投球」反省 センバツ交流試合

  5. 国民・玉木氏 分党まで持ち出しこだわったものとは 混乱残り前途多難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです