アマゾンが独自の宅配ロッカーサービス開始 再配達急増で負担軽減へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宅配ロッカーの前に並ぶアマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長(右から3番目)と提携企業の社長ら=東京都目黒区のアマゾンジャパン本社で9月18日午前11時10分、鳴海崇撮影
宅配ロッカーの前に並ぶアマゾンジャパンのジェフ・ハヤシダ社長(右から3番目)と提携企業の社長ら=東京都目黒区のアマゾンジャパン本社で9月18日午前11時10分、鳴海崇撮影

 アマゾンジャパンは18日、コンビニエンスストアや駅などに宅配ロッカーを設置し、顧客に商品を届けるサービスを始めた。年内には首都圏のファミリーマートや小田急電鉄の主要駅など約100カ所に置き、2020年以降は全国に順次広げていく計画。インターネット通販の拡大とともに再配達が急増しており、ロッカーの利用普及で物流現場の負担を軽減したい考えだ。

 アマゾンが展開するのは「アマゾン ハブ ロッカー」。東京都や神奈川県を中心に、ファミマやスーパーの富士シティオ(横浜市)の店舗、小田急電鉄沿線で利用客が多い駅、昭和女子大(東京都世田谷区)などに設ける。アマゾンは米国で18年に宅配ロッカーを本格導入しており、日本でもノウハウを生かす。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文686文字)

あわせて読みたい

注目の特集