メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国産牛肉上限量24万トン受け入れへ TPP超える市場開放にも

共同記者発表で握手する安倍首相とトランプ米大統領。左は茂木経済再生担当相。トランプ氏の右隣はライトハイザー米通商代表=フランス南西部のビアリッツで25日、AP

 日米貿易協議で、日本が米国産牛肉について、約24万トン分の低関税輸入枠を設けることが18日、明らかになった。現在の米国産牛肉の輸入量の大半がカバーされる見通し。外国産牛肉には、既に環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で設けられている60万トンを上限とする低関税枠があり、新たに低関税枠が加わることで、国内農業に打撃となる可能性がある。

 日本は現在、TPPを離脱した米国の牛肉に38・5%の関税をかけており、他国産の牛肉を含め、輸入量が前年比で17%増えた場合、緊急輸入制限措置(セーフガード)を発動し、関税率を50%に引き上げている。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファーウェイ大型施設で大規模火災 中国・広東省 スマホ事業への影響懸念

  2. 自民・杉田議員「女性はいくらでもうそ」 性犯罪に関し党会議で発言 記者団には否定

  3. 横浜・野毛の象徴 樹木希林さん実家の居酒屋「叶家」が27日に閉店

  4. くらしナビ・ライフスタイル 「愛の不時着」12の疑問/上 ドラマで注目、北朝鮮の現状は

  5. 特集ワイド 北朝鮮、コロナ禍で金王朝に異変? トップ女優、謎の復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです