メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「表現の不自由」考

「電凸」怖い、セキュリティー最優先…それが表現の自由を窒息させる 森達也氏

あいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」中止を考えるシンポジウムで発言する森達也さん=東京都文京区で2019年8月22日、待鳥航志撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で「平和の少女像」などの展示が中止された問題では、「電凸(でんとつ)」と呼ばれる電話などによる抗議が主催者に相次いだ。映画監督で作家の森達也さんは「セキュリティーが何よりも優先されるナーバスな社会になってしまったことに問題の根源がある」と語る。【聞き手・江畑佳明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2810文字(全文2977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです