メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーストラリアから「一日城主」 中高生12人、光秀ゆかりの福知山城に

一日城主の任命を受けるオーストラリア、ジーロング中高一貫校の生徒たち=福知山城本丸広場で2019年9月17日、佐藤孝治撮影

 オーストラリアから来日した中高生の男女12人が17日、京都府福知山市を訪れ、戦国武将の明智光秀が築いた福知山城の一日城主に就任した。中高生たちは市民グループが手作りしたよろいかぶとや打ち掛けを着せてもらい、気分は武将やお姫様。茶道や琴の演奏を体験して、日本の伝統文化を満喫していた。【佐藤孝治】

 一日城主のイベントは、来年放送の大河ドラマの主人公となる光秀と縁が深い福知山の魅力を広く発信しようと市が初めて企画。城を活用したアイデア募集に29件の応募があり、「サムライになって日本文化を体験した…

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都、6月1日から「ステップ2」へ 劇場、モール、塾、ジムなど営業可能に

  2. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  3. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  4. 北九州の感染拡大 菅官房長官「第2波が来たとは考えていない」 新型コロナ

  5. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです