メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉の停電、18日正午時点で約4万9000戸 山間部など更に復旧に時間がかかる可能性も

台風15号による被災後、休校が続いていた小学校が再開し、登校する児童たち。通学路わきの家屋には雨よけのブルーシートが張られている=千葉県南房総市で2019年9月17日午前7時41分、手塚耕一郎撮影

 台風15号の影響により千葉県で続く大規模停電について、東京電力パワーグリッドは17日深夜に記者会見を開き、一部地域で14日に示した見通しから前倒しで復旧が進んでいることを明らかにした。停電は18日正午時点で約4万9000戸となっている。

 同社は14日、各地区を復旧に要する期間ごとに①16日まで②20日まで③27日まで――の3エリアに分けて示した。②の地区があった勝浦市と、③の地…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  2. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  3. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  4. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

  5. 小中学校全面再開延期、屋内施設はすべて休館…北九州市で26人感染確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです