台風、伊豆諸島でも900棟被害 都が廃棄物処理支援へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ガラスが割れるなど大きな被害が出た都立大島海洋国際高の校舎。窓はブルーシートで覆われていた=10日撮影(東京都教委提供)
ガラスが割れるなど大きな被害が出た都立大島海洋国際高の校舎。窓はブルーシートで覆われていた=10日撮影(東京都教委提供)

 台風15号の影響で、東京都内でも島しょ部を中心に大きな被害が出たことを受け、都は17日、幹部を集めた危機管理対策会議を開いた。大島町や新島村など伊豆諸島では、約900棟の住宅に被害が出たことが分かっており、今後、復旧に伴って出る廃棄物の処理を支援する方針を確認した。

 17日現在の都のまとめでは世田谷区で死者1人が出たほか、大島町などで7人がけがをした。住宅約1050棟が全半壊や一部破損するなどし、9割近くを島しょ部が占めた。

 大島町(伊豆大島)では3棟が全壊、54棟が半壊、298棟が一部破損。一時、全島的に停電と断水が起きたが、17日までにほぼ復旧している。全寮制の都立大島海洋国際高校(同町)では校舎の窓ガラスが割れるなどした。停電や断水も起きたため、10日に島外出身の生徒ら約200人をいったん帰宅させた。その後、被害が少ない校舎や寄宿舎の研修室を活用した授業のめどが立って16日に再開した。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文611文字)

あわせて読みたい

ニュース特集