メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風、伊豆諸島でも900棟被害 都が廃棄物処理支援へ

ガラスが割れるなど大きな被害が出た都立大島海洋国際高の校舎。窓はブルーシートで覆われていた=10日撮影(東京都教委提供)

 台風15号の影響で、東京都内でも島しょ部を中心に大きな被害が出たことを受け、都は17日、幹部を集めた危機管理対策会議を開いた。大島町や新島村など伊豆諸島では、約900棟の住宅に被害が出たことが分かっており、今後、復旧に伴って出る廃棄物の処理を支援する方針を確認した。

 17日現在の都のまとめでは世田谷区で死者1人が出たほか、大島町などで7人がけがをした。住宅約1050棟が全半壊や一部破損するなどし、9割近くを島しょ部が占めた。

 大島町(伊豆大島)では3棟が全壊、54棟が半壊、298棟が一部破損。一時、全島的に停電と断水が起きたが、17日までにほぼ復旧している。全寮制の都立大島海洋国際高校(同町)では校舎の窓ガラスが割れるなどした。停電や断水も起きたため、10日に島外出身の生徒ら約200人をいったん帰宅させた。その後、被害が少ない校舎や寄宿舎の研修室を活用した授業のめどが立って16日に再開した。

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  2. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 初の「東京アラート」発令へ 感染再拡大の兆候 悪化なら休業再要請検討

  5. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです