メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

御嶽山噴火の教訓伝える手ぬぐい 生還した奈良の山岳ガイドが作製、万全の備え呼びかけ

登山に最低限必要な準備と装備をイラストで示した手ぬぐいを手にする小川さゆりさん=奈良県香芝市で2019年7月3日午後0時35分、中本泰代撮影

 死者・行方不明者63人を出した御嶽山(長野・岐阜県境、3067メートル)の噴火から、27日で5年。あの日、山頂付近で被災し生還した奈良県香芝市の山岳ガイド、小川さゆりさん(48)は、自作の手ぬぐいやステッカーで登山者に「安全な登山、無事の下山」を呼びかけている。「山では楽しさと危険が背中合わせ。命を守るために、万全の備えをしてほしい」と願う。

 中央アルプスを中心に活動する小川さんは、2014年9月27日、下見のため単独で御嶽山に登っていた。…

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  3. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  4. 仕込み直前、濁流が酒米襲う 台風19号で被災の酒蔵、復旧進める 栃木

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです