メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鮮やかな赤色に色づく「サンゴ草」 網走・能取湖に多くの観光客

 北海道網走市の能取湖で「サンゴ草」が鮮やかな赤色に色づき、多くの観光客らが訪れている。

 サンゴ草の正式名称はアッケシソウ。塩分を含む湿地に生息し、10~30センチの草丈全体がこの時期に赤く染まる。能取湖はオホーツク海の海水が流入する汽水湖で、群生地には遊歩道が整備され、一面に広がる様子を間近に見る…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 河井前法相・案里夫妻 潔白なら「捜査中」でも説明可能

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. 新型肺炎 中国の死者計56人に 発症者は1975人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです