メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨から3週間、佐賀・武雄で住民設立の民間ボランティアセンターが活躍

額に汗をにじませながら側溝にたまった泥をかき出す福岡県立宗像高校の生徒ら=佐賀県武雄市で2019年9月15日午後2時2分、池田美欧撮影

[PR]

 九州北部を襲った記録的な大雨で大きな被害を受けた佐賀県武雄市で、住民らが設立した民間のボランティアセンターが活躍している。8月28日の大雨から18日で3週間がたったが、ボランティアのニーズは依然大きい。武雄市社会福祉協議会が運営するボランティアセンターとは別のもう一つの受け皿として、これまでに約1700人を受け入れてきた。

     センターの名称は「おもやいボランティアセンター」。地元の寺で住職をしている鈴木隆太さん(43)が「県内外から多くの人が来てくれている中で、地元のために自分たちも何かしたい」と、市民を中心に約30人で設立し、代表に就いた。社協のセンターの近くにある旧北方幼稚園を本部とし、広範囲に浸水した同市朝日町の高橋地区を拠点に7日からボランティアを受け入れている。

     社協も17日現在で、約4700人のボランティアを受け入れてきた。ただ、社協は受け入れるボランティアの定員が決まっており、住民の細かなニーズに全て応えるのは難しい。住民の中には「社協に頼まず自分でやろう」という声もある。そこで、おもやいボランティアセンターが、社協からあぶれてしまったボランティアを受け入れ、住民の身近な存在としてニーズに応える役割を担う。

     NGOで働いた経験のある鈴木代表の人脈で、県内外のNPO法人からも支援を受け、スコップや送風機などの資材も確保した。住民から困りごとを聞き取り、家財道具の運び出しや床下の泥出し作業などを担っている。14~16日の3連休は県外からも多くのボランティアが駆け付けた。

     15日に生徒ら34人で側溝の泥出しをした福岡県立宗像高校(宗像市)の三宅竜哉校長(55)は「社協のセンターは定員がいっぱいだった。来てみないと定員を超えているか分からず、『おもやい』が団体も受け入れてくれありがたい」と喜ぶ。

     16日に室内の泥掃除などを頼んだ一丸正文さん(60)は母トシ子さん(87)と2人暮らし。「自分が仕事で家を空けている時、腰の悪い母が少しずつ片付けをしていた。私たちの状況を知ったおもやいの方がボランティアを派遣してくれ、本当にありがたい」と感謝していた。

     武雄市内の被害は床上浸水1033棟、床下浸水513棟に上り、被害棟数は県内最多だった。鈴木代表は「ニーズをまだ拾いきれていないところがある。要望がある限り続けたい」と話している。問い合わせは080・1500・0001。【池田美欧】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

    2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

    3. 五輪マラソン、札幌開催に自信 IOC調整委員長「実行する」 早急にコース計画

    4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

    5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです