メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「君の膵臓をたべたい」ロケ地の滋賀大講堂改修、ジャッキアップ作業着手

滋賀大経済学部講堂の前で、ジャッキアップ開始のあいさつをする位田隆一学長=滋賀県彦根市で2019年9月17日午後0時2分、西村浩一撮影

 映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」のロケ地にもなった国の登録有形文化財「滋賀大経済学部講堂」(滋賀県彦根市)の改修工事が今月から始まった。17日には基礎を改修するため、建物全体を油圧ジャッキで1メートル持ち上げる作業に着手。耐震補強工事なども実施し、来年3月にはリフレッシュしたレトロな講堂が完成する予定だ。

 講堂は1924(大正13)年、滋賀大の前身、旧彦根高等商業学校の創立に合わせて建設。大正時代の高等…

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文757文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです