メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

埼玉の小4ひき逃げ、時効直前に延長 危険運転に容疑切り替え

埼玉県警本部=鈴木拓也撮影

 埼玉県熊谷市で2009年9月、小学4年の小関孝徳さん(当時10歳)がひき逃げされ死亡した事件で、県警は18日、容疑を自動車運転過失致死から危険運転致死(いずれも現自動車運転処罰法違反)に切り替えた。自動車運転過失致死の公訴時効(10年)は9月30日午前0時に迫っていたが、容疑変更により10年間延長…

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 郡山市の浸水地域や周辺で空き巣相次ぐ 貴重品放置しないで

  2. ジョーカー 主演ホアキン・フェニックスが語る壮絶減量の裏側 監督に怒りをぶちまけたことも…

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです