メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「クジラは重かった」打ち上げられた雌 住民総出で救助、苦闘の末死ぬ

 18日午前9時35分ごろ、静岡市清水区三保の砂浜でクジラが生きた状態で打ち上げられているのを住民が見つけた。通報を受けた清水海上保安部や消防、地元住民ら約30人がクジラを海に返そうと救助活動に取り組んだ。クジラは約4時間半かけて波打ち際まで運ばれたが、再び泳ぎ出すことなく死んだ。

 クジラは体長6・7メートルで波打ち際から約5メートルの浜に打ち上げられていた。消防隊員らはクジラが傷つかないようにブルーシートを下に敷き、波が打ち寄せ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文543文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです