メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨 上空湿度は熱帯並み80% 水蒸気量から豪雨予測も

西日本豪雨の積乱雲

 昨年7月の西日本豪雨時は、九州から中部地方にかけて、上空約1万メートルまで多量の水蒸気が存在していたことを、京都大防災研究所の研究チームが突き止めた。湿度が80%に達し、熱帯地域に匹敵する気象条件だったという。論文が19日、日本気象学会誌(電子版)に掲載される。

 当時は太平洋高気圧が西に張り出すなどの条件が重なったため、南海上や東南アジアから東シナ海上空に水蒸気が集まり、季節風で日本上空に運ばれる状況となっていた。

 竹見哲也准教授(気象学)らのチームは、5キロ四方に区切ったます目ごとの湿度や水蒸気量、気圧、気温など気象庁の気象情報を使い、同5日午前0時から3日間について分析した。すると、九州から中部にかけて大気が極めて不安定で、積乱雲ができやすかった状況が数値で示された。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文565文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

  2. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです