メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

大阪市の松井一郎市長=2019年7月、望月亮一撮影

 大阪府漁業協同組合連合会(岡修会長)は18日、松井一郎大阪市長(日本維新の会代表)と吉村洋文知事(同副代表)に対し、東京電力福島第1原発の汚染処理水の大阪湾放出の可能性に言及した発言を撤回するよう求める「緊急抗議文」を提出した。ただ、松井氏は持論を変えず、処理水問題を「所管外」とする小泉進次郎環境相に対しても、「口先だけではなく行動で示してもらいたい」と注文をつけた。

 松井氏は17日、「処理済みで自然界レベルを下回っているのであれば、科学的根拠を示して海洋放出すべき…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文540文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです