同性間でも内縁関係成立 初の司法判断 宇都宮地裁真岡支部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
裁判の構図
裁判の構図

 婚姻に準じた「事実婚(内縁)」が、同性カップルの間でも成立するかどうかが争われた慰謝料訴訟の判決で、宇都宮地裁真岡支部(中畑洋輔裁判官)は18日、「同性カップルであっても、内縁に準じた法的保護に値する利益が認められる」とする判断を示した。男女間の内縁と同視できる事情がある場合には、同性間でも内縁が成立すると事実上認めた初めての司法判断とみられる。同性婚を巡る議論にも影響を与えそうだ。【服部陽】

 訴訟では、海外で結婚し、同居した末に破綻した女性同士のカップルの関係が、内縁に当たるかどうかが争点となった。

この記事は有料記事です。

残り1627文字(全文1881文字)

あわせて読みたい

注目の特集