メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胎児のRh血液型 母の血液で99%判別 国立成育研

 妊婦の血液を使って出生前に胎児の血液型を高い精度で判別する検査法を国立成育医療研究センター(東京都)などのグループが開発した。妊婦がRhマイナスで胎児がRhプラスの場合、胎児が重篤な疾患を発症する恐れがあり、グループは「妊婦や胎児に適切な処置ができるようになる」と説明している。

 血液型にはABO型のほか、赤血球に含まれる特定のたんぱく質(抗原)の有無で判別するRh型がある。日本人は200人に1人がRhマイナスとされ、母親がRhマイナスの場合、父親もRhマイナスでない限り、胎児がRhプラスとなる可能性がある。母親がRhマイナスで胎児がRhプラスだと免疫反応で胎児に悪影響があり、放置すると…

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文743文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

  3. 秋の高校野球 秋季北信越地区高校野球大会 きょう準決勝 ライブで中継 /石川

  4. プリンセス駅伝in宗像・福津 あす号砲 出場チーム紹介(その1)

  5. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです