メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

中井貴一、ディーン・フジオカに公開ダメ出し「話の間が長い!」

情報提供:ORICON NEWS

(左から)中井貴一、ディーン・フジオカ (C)ORICON NewS inc.
 俳優の中井貴一(58)、ディーン・フジオカ(39)、三谷幸喜監督(58)が18日、都内で行われた映画『記憶にございません!』の大ヒット御礼舞台あいさつに出席。共演秘話に花を咲かせるなか、落ち着いた語り口調でトークを展開するディーンに対して中井が「話の間が長い」と“公開ダメ出し”する一幕があった。

【集合ショット】三谷幸喜氏も登壇

 公開6日間で動員80万人、興収10億円を突破。主演の中井は「お客様に観ていただけたことが何よりうれしい」と感無量の表情。共演のディーンの印象になると「最初は、どこにいても立ち姿から何から“ディーン・フジオカ”なんです。とっつきにくいタイプかなと思っていた」としつつ「全然、そんなことはない。とても真面目で紳士で優しい。ご一緒してホッとした」と明かした。

 中井から“称賛とダメ出し”を受けたディーンは「これぞ知的体育会系ですよ。鍛えて頂いて、いろいろと教えて頂いた」と共演に感謝。その後も話し出しが詰まる度に「そういうところだよ!」とツッコミを受けると「まるで千本ノックのような…」と笑っていた。

 また、この日は中井の58回目の誕生日。大好物のハムカツで作られた特製ケーキが登場すると「大好きだけど、ここまで好きじゃない。こんなに食えるかな?」と笑いながら「ありがとうございます」と喜んでいた。

 同映画は、国民から嫌われ、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣・黒田啓介が主人公。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、彼は記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、直近の秘書官たちに助けられながら、なんとか日々の公務をこなしていく。やがて、あらゆるしがらみから開放され、真摯に政治と向かい合うことになった啓介は、次第に本気でこの国を変えたいと思い始める、というストーリー。

情報提供:ORICON NEWS

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです