メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本文化をハザマで考える

第11回 面白い日本文学の形態が新聞の1面下に

 日本ならではの俳句や短歌に興味を持つ外国人は少なくない。私は、正岡子規や萩原朔太郎のような詩人のことは尊敬する。ただ、実を言うと、俳句や短歌ほど短い詩にはさほど興味はない。

 短編も含め日本語の小説は大好きだが、それが特に重要な意味で他の国の小説と違っているとは思わない。随筆でさえも、筆にまかせて心の赴くままに自由に書く、日本固有のものだと思われているようだが、実際は英語で書かれたものと違わない。

 私が非常に面白いと思う日本文学の形態がある。それは、日本の新聞の1面(フロントページ)の下に載って…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文940文字)

ダミアン・フラナガン

ダミアン・フラナガン(Damian Flanagan) 1969年英国生まれ。作家・評論家。ケンブリッジ大在学中の89~90年、東京と京都に留学。93~99年に神戸大で研究活動。日本文学の修士課程、博士課程を経て、2000年に博士号取得。現在、兵庫県西宮市とマンチェスターに住まいを持って著作活動している。著書に「世界文学のスーパースター夏目漱石」。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです