メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

師匠、井筒親方の現役ほうふつさせるもろ差し 鶴大輝、追悼白星「情けない相撲取りたくなかった」(スポニチ)

[PR]

大相撲秋場所10日目(2019年9月17日 両国国技館)

 井筒部屋所属の序二段・鶴大輝(かくたいき)が亡き師匠に白星をささげた。1勝3敗で迎えた5番相撲で、逆鉾をほうふつさせるもろ差しからの一気の攻めで寄り切った。取組後は「やっぱり師匠が…」と話した後に絶句。

     涙をこぼしながら「天国で見ていてくれるはずだから情けない相撲は取りたくなかった。教え通り、一発のもろ差しでいこうと思っていた」と言葉を絞り出した。井筒親方には相撲内容に注文をつけられることが多かったが「今日ぐらいは褒めてくれるかも」とうなずいた。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

    2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

    4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

    5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです