メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊ノ島休場 アキレス腱炎症で2週間の安静 1勝8敗と負け越しが決まっていた(スポニチ)

優勝パレードで集まったファンに手を振る鶴竜(右)と豊ノ島=ドルフィンズアリーナで2019年7月21日、大西岳彦撮影

[PR]

大相撲秋場所10日目(2019年9月17日 両国国技館)

 幕内の豊ノ島が「右アキレス腱付着部症、右アキレス腱周囲炎で2週間の安静および加療を要する見込み」との診断書を提出して休場した。9日目に敗れ、1勝8敗と負け越しが決まっていた。休場は幕下だった18年初場所以来で10度目。

     十両の青狼も休場となった。8日目に「急性胃腸炎」で休場し、10日目から再出場の予定だったが、朝になって体調不良を訴え、病院で精密検査を受けた。これで1場所2度目の不戦敗となった。(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

    2. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

    3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

    4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

    5. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです