東日本大震災 福島第1原発事故 東電旧経営陣3人無罪 強制起訴、東京地裁判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
判決を前に東京地裁に入る東電元会長の勝俣恒久被告=東京都千代田区で2019年9月19日午前、宮間俊樹撮影
判決を前に東京地裁に入る東電元会長の勝俣恒久被告=東京都千代田区で2019年9月19日午前、宮間俊樹撮影

 東京電力福島第1原発事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東電旧経営陣の勝俣恒久元会長(79)、武黒一郎元副社長(73)、武藤栄元副社長(69)の3被告に対し、東京地裁(永渕健一裁判長)は19日、いずれも無罪(求刑・禁錮5年)の判決を言い渡した。事故の刑事責任が問われた唯一の公判で、3人は無罪を主張し、検察官役の指定弁護士と全面的に対決していた。【巽賢司】

 事故は2011年3月の東日本大震災に伴う津波により発生した。起訴状によると、3人は、海抜10メートルの原発敷地より高い津波が押し寄せて事故が起きることを予見できたのに、原発の運転を漫然と続け、「双葉病院」と介護老人保健施設「ドーヴィル双葉」(いずれも福島県大熊町)から避難を余儀なくされた入院患者ら44人を死亡させるなどしたとされた。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1299文字)

あわせて読みたい

注目の特集