メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人模様

平和愛する心を学んで 猪子恒さん

猪子恒さん=東京都台東区の大本東京本部で2019年7月16日、江森敬治撮影

 神道系新宗教「大本」(本部・京都府亀岡市、綾部市)を発展させた出口王仁三郎(おにさぶろう)(1871~1948年)が制作した楽焼茶碗(ちゃわん)「耀盌(ようわん)」展が、10月3日から6日まで、東京都台東区の東京国立博物館・応挙館で開かれる。大本東京宣教センター長、猪子恒さん(66)は「多くの人に見ていただければ」と話している。

 大本は1892年に開教。王仁三郎は、開祖、出口なおの娘婿で、聖師と呼ばれる。大本は戦前、不敬罪など…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  2. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  3. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  4. 三菱電機社員が自殺、上司を自殺教唆容疑で書類送検 兵庫・三田

  5. スコアシートから読み解く羽生とチェンの差 フリーでは4回転ルッツ挑戦か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです