メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
人模様

平和愛する心を学んで 猪子恒さん

猪子恒さん=東京都台東区の大本東京本部で2019年7月16日、江森敬治撮影

 神道系新宗教「大本」(本部・京都府亀岡市、綾部市)を発展させた出口王仁三郎(おにさぶろう)(1871~1948年)が制作した楽焼茶碗(ちゃわん)「耀盌(ようわん)」展が、10月3日から6日まで、東京都台東区の東京国立博物館・応挙館で開かれる。大本東京宣教センター長、猪子恒さん(66)は「多くの人に見ていただければ」と話している。

 大本は1892年に開教。王仁三郎は、開祖、出口なおの娘婿で、聖師と呼ばれる。大本は戦前、不敬罪などで政府から大弾圧を受けた。王仁三郎は7年近く投獄され、保釈後の1944年から茶碗を作った。黄色や緑、青色など明るい色彩が特徴で、「耀盌」と名付けられた。

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです