メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

5人の真打ち誕生へ

真打ちに昇進する(左から)柳家わさび、柳家小志ん、古今亭ぎん志、柳家権之助=東京都台東区で2019年8月26日、田中博子撮影

 今秋、落語芸術協会(春風亭昇太会長)の三代目柳亭小痴楽が真打ちに昇進した。落語協会(柳亭市馬会長)からも、柳家わさび▽喬の字改め柳家小志ん▽初音家左吉改め古今亭ぎん志▽ほたる改め柳家権之助――の4人の真打ちが誕生する。それぞれ記者会見を開いて抱負を語った。

 楽輔門下の小痴楽は五代目痴楽の次男で、芸協では15年ぶりの単独真打ち昇進となる。昇太会長は「若い人を中心に集客力があって周囲の評判もいい」と単独の理由を説明した。小痴楽は「初めて落語を聞く人にとっての入り口でありたい。古典落語の中に若い人の笑いの間を入れれば必ず笑ってもらえると思う」と意…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文685文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  2. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

  3. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  4. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  5. 東京都、飲食店などに時短要請へ 25日午後5時からの記者会見で公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです