メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「忍者屋敷」存続ピンチ 江戸時代の古民家、売却で取り壊し? 弘前市が活用検討へ /青森

人が隠れる空間などがある古民家=青森県弘前市森町で

 江戸時代に建てられた「忍者屋敷」とされる弘前市の古民家が存続の危機に立たされている。約30年前から古民家を所有している夫婦が高齢や管理の負担などを理由に手放すことを決め、買い手によっては取り壊される可能性も出ている。現存する忍者屋敷は全国でも珍しく、今後の行方が注目されている。【藤田晴雄】

 古民家は弘前公園追手門近くの同市森町にある平屋建てで、現在は青森市の會田秀明さん(83)、美喜さん(76)夫婦が所有。青森大公認の「忍者部」顧問、清川繁人・薬学部教授(59)の調査によると、江戸時代に忍術を伝承していた棟方家などが管理。弘前藩に仕えていた甲賀忍者集団「早道之者(はやみちのもの)」の詰め所などとして使われていた忍者屋敷だったと結論づけている。

 早道之者は、弘前藩の古文書に名簿が記されており、清川教授によると常時20人前後、多いときで60人以…

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文821文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 元農水次官、長男殺害で懲役6年の実刑判決 東京地裁

  4. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  5. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです