「忍者屋敷」存続ピンチ 江戸時代の古民家、売却で取り壊し? 弘前市が活用検討へ /青森

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
人が隠れる空間などがある古民家=青森県弘前市森町で
人が隠れる空間などがある古民家=青森県弘前市森町で

 江戸時代に建てられた「忍者屋敷」とされる弘前市の古民家が存続の危機に立たされている。約30年前から古民家を所有している夫婦が高齢や管理の負担などを理由に手放すことを決め、買い手によっては取り壊される可能性も出ている。現存する忍者屋敷は全国でも珍しく、今後の行方が注目されている。【藤田晴雄】

 古民家は弘前公園追手門近くの同市森町にある平屋建てで、現在は青森市の會田秀明さん(83)、美喜さん(76)夫婦が所有。青森大公認の「忍者部」顧問、清川繁人・薬学部教授(59)の調査によると、江戸時代に忍術を伝承していた棟方家などが管理。弘前藩に仕えていた甲賀忍者集団「早道之者(はやみちのもの)」の詰め所などとして使われていた忍者屋敷だったと結論づけている。

 早道之者は、弘前藩の古文書に名簿が記されており、清川教授によると常時20人前後、多いときで60人以上が明治初頭まで活動。南部藩の諜報(ちょうほう)活動や蝦夷(えぞ)地での外国船の監視などを行ったという。古民家には、今でも床の間の裏に人が入る隠し空間や人の侵入を知らせる鶯(うぐいす)張りの床、玄関の上には外を見張ったとされる隙間(すきま)や薬草を干したとされるくぎ跡などが残っており、所有者の會田さ…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文821文字)

あわせて読みたい

注目の特集