メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人・あきた

働く人の支えになる 看護師・心理カウンセラー 菅原彩子さん /秋田

菅原彩子さん

 4月、個人事業主として企業の訪問看護や相談業務などを手掛ける「3K―nursing」を開業した。月に1度、大仙市の製造会社に出向き、約20人の従業員と面談。1人当たり15分ほど体調の訴えや仕事上の人間関係の悩みなどに耳を傾けている。

 建設会社で、労災事故時に救急車が到着するまでの応急処置の仕方について講師を務めることも。9月には公益財団法人「介護労働安定センター」の秋田支部から介護関連施設への再就職を目指す人向けのヘルスカウンセラー業務などの委嘱も受けた。看護やカウンセリングを通じて働く人を支えるのが今の目標だ。

 2007年から18年7月まで秋田市内の総合病院に勤務する看護師だった。小学生から憧れた仕事で16年…

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文994文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです